家計フォワード ~家計管理と株式投資

~家計を前に~ アラフォー子供3人年収700万円サラリーマンの家計管理、投資など 家計簿公開中

MENU

【米国ETF比較】VYM vs VDC 高配当ETFと生活費需品ETFを比較

 

高配当ETFの選択

現在私の米国ETFポートフォリオの中心のひとつHDViシェアーズ・コア 米国高配当株 ETFですが、高配当ETFといえばもうひとつの定番がVYM:バンガード・米国高配当株式ETFですhttps://www.vanguardjapan.co.jp/docs/FS_VYM_JP.pdf

 

この二つのうちHDVを選択しましたが、同じ高配当ETFでも少し特性の違うVYMもあわせて組み入れるのもありかなと思うようになりました

 

そこでVYMを調べるにあたりバンガード社の中で同じ高配当のディフェンシブ系ETFをいくつか比較してみる事にします

 

バンガード社のETF一覧ページから配当利回りでソートしたものです(2018年4月10日現在)

f:id:kcm3s:20180409180812p:plain

 

ベライゾン、AT&Tに代表される通信系を中心とするVOX。電力・エネルギー系のVPUなどが個別株と同じく高配当になりますが今回は

生活必需品セクターETFVDC

とVYMを比較してみたいと思います

 

VYM vs VDC

 

青色:Portfolio1がVDC赤色:PortForlio 2がVYMです

 

配当再投資の場合

 f:id:kcm3s:20180409174518p:plain

 

f:id:kcm3s:20180409174541p:plain

 

配当再投資しない場合

f:id:kcm3s:20180409174759p:plain

 

f:id:kcm3s:20180409174823p:plain

どちらもVDCが勝ります。リーマンショック時においても下落幅は少なく、それでいて回復時の上昇はほぼ同等ですのでドローダウンが少ないだけVDCの方が購入妙味がありそうです

配当再投資し続ければリーマンショックほどの暴落を耐えたうえで3倍近く資産が増えた事になります

 

2010年起点にすると上昇時の相関性がわかりやすくなります

f:id:kcm3s:20180411002854p:plain

 

配当金比較

肝心の配当金比較です

f:id:kcm3s:20180409174907p:plain

この記事執筆時ではVYMの分配利回りが上回りますが、過去10年の通算では高配当ETFをもトータルでは上回る事になります

2007年時点でに100ドル購入していれば増配により2017年時点では6%近い配当利回り(税引前)という事になります。単年での利回りは2%後半ぐらいになり、おおむね3%を維持しているVYMには単年利回りでは劣ります

追記:2017年にVDC100ドル投資に対して6ドル近い配当がもらえるというグラフではありません。念の為。

 

 

電気通信セクターも加えた比較

ついでにVOX:米国電気通信サービス・セクターETFも加えた比較もしてみました

※配当再投資なし

f:id:kcm3s:20180409181233p:plain

f:id:kcm3s:20180409181327p:plain

VYMとの比較においては、それまで比較てき連動した動きが2017年に完全に異なる動きとなり、相対的に利回りが向上しています。買いのチャンスともいえるのかもしれませんがこのバックテストを見る限りはVDCに妙味を感じますね

 

VDC:生活必需品セクターETFまとめ

f:id:kcm3s:20180409182250p:plain

バンガード社HPより

 

P&G、コカコーラ:KO、ウォルマートやコストコなどの小売業などの生活必需品または関連の高配当銘柄が並びます。また生活必需品とはいえませんが高配当銘柄のタバコ関連企業も名を連ねますので、手広くディフェンシブな高配当銘柄に投資できます

 

生活必需品ですので多少の景気悪化でも購入され続けます。飲料や小売りも同じですよね。

また例えばP&Gは日本でもおなじみのヘルスケア企業すが世界レベルで事業を行っていますので今後の新興国の発展の恩恵も享受できるはずです。そういった企業の個別株購入の検討してもいいかもしれませんが、企業の事業分析などはそれなりの知識が必要で時間もかかりますので広く浅く投資できるETFのが自分にはあってると思っています

 

経費率は0.10%と十分安いと言える数字なのでポートフォリオに積極的に組入れてもよさそうなETFだと感じました

  

 

 

参考にしたサイト

米国バンガード生活必需品ETF【VDC】ディフェンシブ銘柄の集合体 - たぱぞうの米国株投資

バンガード・米国生活必需品セクター(VDC)分析 | つみたて次郎の貧乏投資日記

【米国株】生活必需品セクターETF【VDC】を購入しました! - ナディアの資産運用Diary

プライバシーポリシー | 免責事項 | お問い合わせ
Copyright© 家計forward, 2017 AllRights Reserved