米国株投資と家計管理と~家計フォワード

40代子供3人地方在住会社員の家計管理、投資など 家計簿公開中

MENU

家計管理-教育資金

【教育資金】投資金融商品候補の絞り込み

教育資金の投資金融商品候補 ここしばらく検討している教育資金ジュニアNISAで購入する投資金融商品ですが、必要時期が明確な為、なかなか銘柄を決めきれていませんが候補はかなり絞り込まれてきましたのでいつくが紹介していきます // 教育資金の投資金融商…

【教育資金】楽天インデックスバランスファンドの検討-最悪のシナリオ(円建て)

1994年から2008年まで15年間に渡り擬似楽天・インデックス・バランス・ファンドを積立てて行くと想定でシミュレーション。円建てで再検証

【教育資金】楽天インデックスバランスファンドの検討-最悪のシナリオ

1994年から2008年まで15年間に渡り擬似楽天・インデックス・バランス・ファンドを積立てて行くと想定でシミュレーション。十分検討に値するという結果

【教育資金】楽天・インデックス・バランスファンドの擬似バックテスト

楽天・インデックス・バランスファンドの擬似バックテスト 前回の記事では、教育資金用の最有力候補としている楽天・インデックス・バランスファンドについて検討してみました。www.kakeyforward.com 全世界株式ETF:VT:バンガード・トータル・ワールド・ス…

【教育資金】楽天・インデックス・バランス・ファンドの検討

楽天・インデックス・バランス・ファンド 教育資金に関する一連の記事で、使用時期明確な為、投資方針をなかなか決めかねていましたが、現時点では株式と債券のバランスファンドが有力と考えるようになりました www.kakeyforward.com www.kakeyforward.com …

【教育資金】株式と債券インデックスバランスファンドの検討

教育資金において単純に株式のみでは不安が残ります。今回は債券を組み合わせて積立した場合、おおよそどうなるかをシミュレーションしてみました

【教育資金】株式投信積立て。もし入学時にリーマンショックが来たら

教育資金を株式投信積立てで準備し、もし入学時にリーマンショッ来たらクが来たら。中期の積立投資のケーススタディ

【教育資金】学資保険見送りながら安易に投資だけというのも心配

子供の教育資金を確保するのは大変です。学資保険ではなく投資すべきか ? 少なくとも全額投資は危険かなと思います

【教育資金】ジュニアNISAか学資保険か 併用もおすすめ

ジュニアNISAを検討中です。主に大学在学時にかかる費用の確保です。加入中の学資保険についても利率など確認し教育資金確保に元本確保と投資リスクのバランスを再認識

年収850万円給与取得者に対する増税と少子化

2ch初代管理人のひろゆき氏が増税と少子化について語った内容を確認してみました

教育資金と老後資金投資は投資でまかなう?

今週のお題「バレンタインデー」 教育資金と老後資金、そんな将来の資金確保について普段の生活に加えて考えてなくてはいけないとなると、みなさん頭を悩ませていませんか?自分まだまだ勉強中です 教育資金については前回も算出してみましたので今回は老後…

【幼児教育無償化】3人目の幼児教育無償化を市長に直談判!?

3歳~5歳の幼児教育無償化が検討されています ”教育”無償化 保育?教育~認定とは 多子軽減~2人目、3人目は負担軽減 市長に直談判! 政府や自治体のサイト // www.kakeyforward.com ”教育”無償化 保育園に絞っての話になります 認可外保育園については、ま…

保育料総額を試算 車何台分?

保育料総額を試算 幼児化無償化の記事でランダムにとりあげた東海地方の保育料 www.kakeyforward.com サンプルのひとつ静岡県浜松市は2016年の共働き子育てしやすい街ランキングでは主要市区と全国の政令指定都市、県庁所在地の162自治体中49位にランクイン…

幼児教育無償化 「人づくり革命」の恩恵は?

幼児教育無償化 benesse.jp 幼児教育無償化 こども保険は? 待機児童対策が優先では・・・ 認可外は? 反対意見も 保育料いくら? 保育料の仕組み 世帯所得 自治体 保育時間 保育する子供の年齢、人数 まとめ 安倍政権がかかげる「人づくり革命」政策の2兆…

教育資金はいくら必要か 目安は公立1000万円~私立3000万円

住宅資金、老後資金と並んで三大支出のひとつである 教育資金はいくら必要か 幼稚園から大学まで全て公立ならでも約1,000万円、全て私立なら約3,00万円にもなります(医学部、薬学部、音大など除く) 参照:結果の概要-平成26年度子供の学習費調査:文部科…

プライバシーポリシー | 免責事項 | お問い合わせ
Copyright© 家計forward, 2017 AllRights Reserved