米国株投資と家計管理と~家計フォワード

40代子供3人地方在住会社員の家計管理、投資など 家計簿公開中

MENU

投資

金融資産状況確認

資産状況確認 米国、日本市場が10月に入り急落していますが、この間も特に大きく売買せず、つみたてNISAの積立投資以外は米国、日本株式それぞれ打診買いしたのみです 現在の資産状況を改めて整理します // 資産状況確認 ETF、個別株式の保有銘柄の状況 米国…

【米国ETF】ディフェンシブ系ETFの状況確認

10月に入って下落傾向の強い米国市場、特に半導体を中心としたハイテク銘柄の下落が目立ち、結果としてNASDAQは乱高下しながら節目の200日移動平均を割り込みました 保有ETFのうちNASDAQのうち金融銘柄を除く上位100銘柄に連動するQQQは当然、真正面からダメ…

【相場雑感】米国市場急落は調整かリセッションの前兆か

米国市場急落はリセッションの前兆か // 米国市場急落はリセッションの前兆か AMZN2018Q3決算 このままリセッションへ向かうか Key(ケイ)です。少し事情がありブログお休みしていました 2週間ほど前の前回記事も株式相場雑感でしたが今回も同様の記事です ww…

【相場雑感】米国市場急落の向かう先

米国市場急落はリセッションの前兆か // 米国市場急落はリセッションの前兆か 2015年チャイナショックと酷似 このままリセッションへ向かうか Keyです。こんな感じです 寝て朝起きたらお金が減ってる\(^o^)/#おはぎゃーBOT— Key(ケイ)@シャープヘ|レシオ (@…

楽天・全世界株式インデックス・ファンド【楽天VT】の5つのメリット

楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VTI)を紹介。全世界株式約8,000銘柄に投資するVT:バンガード・トータル・ワールド・ストックETFをそのまま買い付ける投資信託です。海外ETFであるVTと違い日本円のままノーロード(手数料無料)で投資できるのが…

【楽ラップ】解約しました

楽ラップ解約 1年半お試ししてみた楽ラップを解約しました www.kakeyforward.com 当時普及し始めたロボアドバイザーがどういったものかを試してみるのが目的で、既存口座ですぐ試せた楽ラップを選択し始めたロボアド投資 当初は積み立て設定もなく最低限の10…

【相場雑感】米国長期金利上昇

米国長期金利上昇 Keyです。 下の記事を書いて2週間も経たないうちに長期金利の急上昇。2011年5月以来という水準まで上昇し、それを受けてNASDAQのハイテク株を中心として米国市場が下落しました。 // www.kakeyforward.com 絶好調だった2017年に対して今年2…

【米国ETF】QQQ vs DIA NASDQ100とダウ平均ETFを比較

QQQ vs DIA 米国ETFで人気のQQQは、金融セクターを除くNASDAQ上位100銘柄を集めたハイテクのイメージが強いETFです www.kakeyforward.com 一方のDIA:SPDRダウ工業株平均 ETF はその名の通りダウ・ジョーンズ社(現在はS&P ダウ・ジョーンズ・インデックス …

【米国株】GAMA:米国時価総額TOP4 は13年年率リターン27.4%!

GAMAとQQQを比較 先日の記事でGAFAについてQQQと比較しました www.kakeyforward.com GAFAの5年年率リターンは35%と圧倒的ですが、FB:Facebookが上場5年の為、この好調な相場での結果しか得られません そこで前回の予告通りFBに変えて時価総額でAAPL:APPLE、…

【米国株】年率リターン35%GAFAとQQQを比較

米国市場を牽引し近年注目されているGAFA G…… Google A……Apple F…… Facebook A……Amazon 検索、電子デバイス、SNS、ネットショップおよびクラウドでそれぞれ圧倒的な存在感を示す米国IT企業群です

【相場雑感】米国市場は当面安泰か

// Key(ケイ)です。相場雑感です S&P500、NASDAQに遅れる事、約1ヵ月。ダウ平均も1月の高値を更新しました ジェレミー・シーゲル氏の著書「株式投資第4版」で紹介されている9月下落アノマリーに反してそれぞれ7~8か月の調整を経て高値更新となりました。 政…

リーマンショックから10年 当時を回想

2018年9月15日で100年に一度の金融危機と言われたリーマンショックからちょうど10年。当時を回想

【米国ETF】HDV:iシェアーズ・コア 米国高配当株ETFは代表的な高配当株ETF

シーゲル派に人気の高配当ETF、HDV:iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETFのベンチマーク、経費率、保有銘柄について

【米国ETF】QQQ:ハイテクセクター中心のNASDAQ100連動ETF

QQQ:NASDAQ100連動ETF QQQ:インベスコQQQは主要な指数のひとつであるNASDAQ100指数に連動し、この10年ではS&P500を上回る年率リターン14%をたたき出すハイパフォーマンスETFのひとつです。 // QQQ:NASDAQ100連動ETF QQQのETF情報 ベンチマーク 経費率 保有…

【米国株式】ARCC:Ares Capital Corp. 利回り9 %高配当のBDC

ARCC:Ares Capital CorporationはBDC(Business Development Company)呼ばれる特殊な形態の融資企業。配当利回り9%。リセッション時に仕込めば超高配当利回りも期待できる

【米国ETF】PFF:iシェアーズ 米国優先株式 ETF 高配当ETF

PFF:iシェアーズ 米国優先株式 ETFはS&P 米国優先株式インデックスをベンチマークとする議決権の無い優先株式を集めた高配当ETF。安定のチャート、分配金、経費率について

【米国ETF】米国ETFポートフォリオ公開2018年8月

米国ETFポートフォリオを公開。米国ETFによるグローバル、セクター、高配当、債券分散戦略

好調な米国株式市場ですが

好調な米国株式市場ですが 夏枯れ相場といわる8月ですが米国市場は年初の急落から回復S&Pは最高値を伺おうという展開です。 NASDAQに至ってはAPPLE、AMZNなど決算も順調で5月に高値を更新して以降も順調に上昇を続けています。 このように2016年から続くト…

【米国ETF】VHT:ヘルスケアセクターETF リターンNo1かつディフェンシブ

セクターでリターン1位が魅力の米国ETF、VHT:ヘルスケアセクターETFを紹介。経費率、保有銘柄、過去のリターン、分配金について

テスラと日本の自動車業界とNVIDIA

車好きなんで米国株ではテスラ:TSLAは気になっています。日本の自動車企業のニュースを見かけたついでにあわせて株価や配当なんかも少し調べました。

【米国ETF】VDC:生活必需品セクターETF ディフェンシブ高配当が魅力

ディフェンシブ高配当が魅力の米国ETF、VDC:生活必需品セクターETFを紹介。経費率、保有銘柄、過去のリターン、分配金について

【教育資金】投資金融商品候補の絞り込み

教育資金の投資金融商品候補 ここしばらく検討している教育資金ジュニアNISAで購入する投資金融商品ですが、必要時期が明確な為、なかなか銘柄を決めきれていませんが候補はかなり絞り込まれてきましたのでいつくが紹介していきます // 教育資金の投資金融商…

身近なネット企業 AMAZONと楽天

楽天とAMAZON。普通にインターネットを使う人ならどちらも使った事があるという人は多いと思います。自分も両方ともアカウントを持っていますが最近は専らAMAZONを利用する事が多くなりました。

【シラーPER:CAPE】米国S&P500は割高30倍。日本も27倍とやや割高

シラーPER:CAPE 株価の割安、割高を示すバフェット指数は2018年時点で高水準で推移しています もうひとつの代表的な指数であるシラーPER(通称CAPEレシオ)も確認してみます 通称CAPEと呼ばれるシラーPERはITバブルの崩壊やサブプライム危機へ警鐘を鳴らしたこ…

【教育資金】楽天インデックスバランスファンドの検討-最悪のシナリオ(円建て)

1994年から2008年まで15年間に渡り擬似楽天・インデックス・バランス・ファンドを積立てて行くと想定でシミュレーション。円建てで再検証

【教育資金】楽天インデックスバランスファンドの検討-最悪のシナリオ

1994年から2008年まで15年間に渡り擬似楽天・インデックス・バランス・ファンドを積立てて行くと想定でシミュレーション。十分検討に値するという結果

【バフェット指数】高水準で推移。警戒は必要か

バフェット指数は高水準で推移 5か月ぐらいの前の記事です。 2017年の米国株式はかつてないほどの好相場でした。その反動もあってか2018年2月には急落しましたが、結果的には一時的な調整だっといえる状況でAPPL、AMZNに代表されるハイテク系銘柄の好調な四…

【教育資金】楽天・インデックス・バランスファンドの擬似バックテスト

楽天・インデックス・バランスファンドの擬似バックテスト 前回の記事では、教育資金用の最有力候補としている楽天・インデックス・バランスファンドについて検討してみました。www.kakeyforward.com 全世界株式ETF:VT:バンガード・トータル・ワールド・ス…

【教育資金】楽天・インデックス・バランス・ファンドの検討

楽天・インデックス・バランス・ファンド 教育資金に関する一連の記事で、使用時期明確な為、投資方針をなかなか決めかねていましたが、現時点では株式と債券のバランスファンドが有力と考えるようになりました www.kakeyforward.com www.kakeyforward.com …

投資における手段と目的と目標 縦軸と横軸

投資における手段と目的と目標について。目標設定においては縦軸(数値設定)と横軸(時間設定)をしっかり意識しておきたいです

プライバシーポリシー | 免責事項 | お問い合わせ
Copyright© 家計forward, 2017 AllRights Reserved