米国株投資と家計管理と~家計フォワード

40代子供3人地方在住会社員の家計管理、投資など 家計簿公開中

MENU

投資

【米国株式相場雑感】2019年以降のS&P500EPS見通し

米国株指標S&P500の今後のEPS見通し ボラティリティの高かった2018年の米国株式市場。 特に後半10月から大きく急落し高値から20%ほど下落し、代表的な米国株価指数であるS&P500は年初来ー7%とリーマンショックの2008年以来の年間マイナスリターンとなりま…

楽天・インデックス・バランス・ファンドを現況確認

投資初心者でも株式以外にも分散投資できる楽天・インデックス・バランス・ファンド 下落局面でも債券ありバランスファンドは安定した値動きを見せます 過去のチャートを検証

【積立投資】アノマリーを活用した積立設定日の決定

アノマリーを活用して積立設定日を決定する 波乱の株式相場となった今年2018年も、もう間もなく終わります 今年の投資成績を振り返るも必要ですが、一足先に来期の積立設定を行いました // アノマリーを活用して積立設定日を決定する 投資日によるリターン差…

【相場雑感】株式市場暴落!リセッションのはじまりか

今回世界株式市場暴落はリセッションのはじまりか Key(ケイ)です。10月以降、世界の株式市場は大きく調整し、特にこの12月は暴落ともいえる下落を記録しています ※この記事を書いた後の12月26日米国市場は5%を超える急反発しましたが、まだ一時的な自立反発…

【米国ETF】セクターETF戦略PFの現状確認

セクターETF戦略の現状確認 12月19日にFOMCで予定通り今年4回目の利上げが決定し、また来年の利上げを当初の3回から2回とする見通しを発表しました利上げ見送りの観測もあった為か、米国市場は下落しました。その後さらに売りが売りを呼ぶ展開で大きく下げて…

【米国株】忘れさられたNVIDIAへの投資を継続

忘れさられたNVIDIAへの投資を継続 この夏までは市場を賑わせていたものの、高値から50%以上暴落し、すっかり誰も話題になる事もなくなったNVIDIA(NVDA) 290ドルで売りました! といいたいところですが放置していました。 とりあえず保有株は少し前に損出し…

【米国ETF】米国市場急落!債券ETFの効用を確認

米国市場下落に対する債券ETFの効用を確認 米国市場は9月末をピークとして下落、10月以降2ヶ月間リバウンドしながらボックス相場を形成していましたが、クリスマスラリーを前にさらに下落2月の年初来安値を大きく更新しています 長期では株式が右肩上がりの…

【米国株】ARCC 配当利回り10%に

ARCC 配当利回り10%に 小額ですが保有しているARCCが配当利回り10%になりました 株価が下がったということです リセッションが予想される中で金融系であるこの銘柄が下がる事の意味はなんでしょう? // ARCC 配当利回り10%に ARCC詳細 配当利回り10%超へ ARC…

【相場考察】ドットコムバブルと現在を比較

ドットコムバブルと現在を比較 Key(ケイ)です 10月以降にFANGを中心にハイテクグロースが急落し警戒ムードが漂っています。 この記事中ではハイテクグロースの代表的な暴落であるドットコムバブルとの比較チャートを紹介しました www.kakeyforward.com では…

【米国株】FANGは終わった?我慢の投資

FANGは終わった? 下記の記事を9月末に投稿した直後の10月上旬からFANGを含むハイテク銘柄を中心に米国市場は大きく下落しました 自ら下落フラグを建ててしまった感があります www.kakeyforward.com www.kakeyforward.com // FANGは終わった? FANGは終わっ…

【FOY2018】投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018に投票しました

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018に投票しました 投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018は2007年より有志の方により実行されているイベントで投信投票者一人について5ポイントを持ち点を割当てた投票数を競う投信人気投票です ブログ開設が…

金融資産状況確認

資産状況確認 米国、日本市場が10月に入り急落していますが、この間も特に大きく売買せず、つみたてNISAの積立投資以外は米国、日本株式それぞれ打診買いしたのみです 現在の資産状況を改めて整理します // 資産状況確認 ETF、個別株式の保有銘柄の状況 米国…

【米国ETF】ディフェンシブ系ETFの状況確認

10月に入って下落傾向の強い米国市場、特に半導体を中心としたハイテク銘柄の下落が目立ち、結果としてNASDAQは乱高下しながら節目の200日移動平均を割り込みました 保有ETFのうちNASDAQのうち金融銘柄を除く上位100銘柄に連動するQQQは当然、真正面からダメ…

【相場雑感】米国市場急落は調整かリセッションの前兆か

米国市場急落はリセッションの前兆か // 米国市場急落はリセッションの前兆か AMZN2018Q3決算 このままリセッションへ向かうか Key(ケイ)です。少し事情がありブログお休みしていました 2週間ほど前の前回記事も株式相場雑感でしたが今回も同様の記事です ww…

【相場雑感】米国市場急落の向かう先

米国市場急落はリセッションの前兆か // 米国市場急落はリセッションの前兆か 2015年チャイナショックと酷似 このままリセッションへ向かうか Keyです。こんな感じです 寝て朝起きたらお金が減ってる\(^o^)/#おはぎゃーBOT— Key(ケイ)@シャープヘ|レシオ (@…

楽天・全世界株式インデックス・ファンド【楽天VT】に投資するメリット

楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VTI)を紹介。全世界株式約8,000銘柄に投資するVT:バンガード・トータル・ワールド・ストックETFをそのまま買い付ける投資信託です。海外ETFであるVTと違い日本円のままノーロード(手数料無料)で投資できるのが…

【楽ラップ】解約しました

楽ラップ解約 1年半お試ししてみた楽ラップを解約しました www.kakeyforward.com 当時普及し始めたロボアドバイザーがどういったものかを試してみるのが目的で、既存口座ですぐ試せた楽ラップを選択し始めたロボアド投資 当初は積み立て設定もなく最低限の10…

【相場雑感】米国長期金利上昇

米国長期金利上昇 Keyです。 下の記事を書いて2週間も経たないうちに長期金利の急上昇。2011年5月以来という水準まで上昇し、それを受けてNASDAQのハイテク株を中心として米国市場が下落しました。 // www.kakeyforward.com 絶好調だった2017年に対して今年2…

【米国ETF】QQQ vs DIA NASDQ100とダウ平均ETFを比較

QQQ vs DIA 米国ETFで人気のQQQは、金融セクターを除くNASDAQ上位100銘柄を集めたハイテクのイメージが強いETFです www.kakeyforward.com 一方のDIA:SPDRダウ工業株平均 ETF はその名の通りダウ・ジョーンズ社(現在はS&P ダウ・ジョーンズ・インデックス …

【米国株】GAMA:米国時価総額TOP4 は13年年率リターン27.4%!

GAMAとQQQを比較 先日の記事でGAFAについてQQQと比較しました www.kakeyforward.com GAFAの5年年率リターンは35%と圧倒的ですが、FB:Facebookが上場5年の為、この好調な相場での結果しか得られません そこで前回の予告通りFBに変えて時価総額でAAPL:APPLE、…

【米国株】年率リターン35%GAFAとQQQを比較

米国市場を牽引し近年注目されているGAFA G…… Google A……Apple F…… Facebook A……Amazon 検索、電子デバイス、SNS、ネットショップおよびクラウドでそれぞれ圧倒的な存在感を示す米国IT企業群です

【相場雑感】米国市場は当面安泰か

// Key(ケイ)です。相場雑感です S&P500、NASDAQに遅れる事、約1ヵ月。ダウ平均も1月の高値を更新しました ジェレミー・シーゲル氏の著書「株式投資第4版」で紹介されている9月下落アノマリーに反してそれぞれ7~8か月の調整を経て高値更新となりました。 政…

リーマンショックから10年 当時を回想

2018年9月15日で100年に一度の金融危機と言われたリーマンショックからちょうど10年。当時を回想

【米国ETF】HDV:iシェアーズ・コア 米国高配当株ETFは代表的な高配当株ETF

シーゲル派に人気の高配当株ETF、HDV:iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETFのベンチマーク、経費率、保有銘柄について

【米国ETF】QQQ:ハイテクセクター中心のNASDAQ100連動ETF

QQQ:NASDAQ100連動ETF QQQ:インベスコQQQは主要な指数のひとつであるNASDAQ100指数に連動し、この10年ではS&P500を上回る年率リターン14%をたたき出すハイパフォーマンスETFのひとつです。 // QQQ:NASDAQ100連動ETF QQQのETF情報 ベンチマーク 経費率 保有…

【米国株式】ARCC:Ares Capital Corp. 利回り10%超高配当のBDC

ARCC:Ares Capital Corporationは米国NASDAQ上場のBDC(Business Development Company)と呼ばれる特殊な形態の融資企業。配当利回り10%。リセッション時に仕込めば超高配当利回りも期待できる

【米国ETF】PFF:iシェアーズ 米国優先株式 ETF 高配当ETF

PFF:iシェアーズ 米国優先株式 ETFはS&P 米国優先株式インデックスをベンチマークとする議決権の無い優先株式を集めた高配当ETF。安定のチャート、分配金、経費率について

【米国ETF】米国ETFポートフォリオ公開2018年8月

米国ETFポートフォリオを公開。米国ETFによるグローバル、セクター、高配当、債券分散戦略

好調な米国株式市場ですが

好調な米国株式市場ですが 夏枯れ相場といわる8月ですが米国市場は年初の急落から回復S&Pは最高値を伺おうという展開です。 NASDAQに至ってはAPPLE、AMZNなど決算も順調で5月に高値を更新して以降も順調に上昇を続けています。 このように2016年から続くト…

【米国ETF】VHT:ヘルスケアセクターETF リターンNo1かつディフェンシブ

セクターでリターン1位が魅力の米国ETF、VHT:ヘルスケアセクターETFを紹介。経費率、保有銘柄、過去のリターン、分配金について

プライバシーポリシー | 免責事項 | お問い合わせ
Copyright© 家計forward, 2017 AllRights Reserved