米国株投資と家計管理と~家計フォワード

40代子供3人地方在住サラリーマンの家計管理、投資など 家計簿公開中

MENU

【米国ETF比較】VIG vs VDC 連続増配ETFと生活費需品ETFを比較

米国ETF比較シリーズです

前回の米国ETF関連記事ではバンガード・米国高配当株式ETF:VYMバンガード・米国生活必需品セクターETFVDCを比較しました

 

VYMを購入候補にしていたのですが、過去10年ではVDCのパフォーマンス(というか下落耐性)がよかったので一躍、私の購入候補上位に躍り出ました

 

www.kakeyforward.com

 

 今回はVYMに対して配当にフォーカスしたもうひとつのETF

バンガード・米国増配株式ETF:VIG

VDCと比較してみます

 

高配当銘柄と増配銘柄というVYMとVIGをポートフォリオに組み入れている方も結構多いと思います

 

 

バンガード・米国増配株式ETF:VIG

 

詳細はバンガード社とのサイトに譲るとして概要だけ確認します

 

経費率

経費率は0.08%と小数点2ケタ台と非常に低く長期にわたって保持するにあたり十分な低コストと言えます

 

組み入れ上位

f:id:kcm3s:20180417230932p:plain

マイクロソフト:MSFT(13年)を筆頭にジョンソン&ジョンソン:JNJ(54年)、ペプシ:PEP(44年)、スリーエム:MMM(58年)など世界を代表する名だたる企業が名を連ねます

(○年)は連続増配年数

 

マイクロソフトは連続増配年数こそ平凡ですがここ10年で約4倍にまで配当を増やしています。そういった連続増配銘柄で構成されるETFがバンガード・米国増配株式ETF:VIGなのです

 

 

VDC vs VIG

パフォーマンスを比較です 

 

青色:Portfolio1がVDC赤色:PortForlio 2がVIGです

 

配当再投資です

 

f:id:kcm3s:20180417234806p:plain

 

前回VYM比較時同様VDCが勝ります。とはいえVIGも配当再投資しながら10年保有すれば約2.5倍にもなる優良ETFです

 

配当金比較

配当金比較です

f:id:kcm3s:20180417235402p:plain

これもVDCが勝ります。VIGも10年で配当が2.7倍になっていますがVDCは4倍になっています

f:id:kcm3s:20180417235645p:plain

 

 

まとめ

連続増配銘柄ETFのバンガード・米国増配株式ETF:VIGをバンガード・米国生活必需品セクターETFVDCを比較しました

10年バックテストによると期待リターン、下落耐性ともVDCがVIGより優れるという結果になりました。今のところ高配当系ETFとしてすでにiシェアーズ・コア 米国高配当株 ETFを法済みなので、とりあえずはVDCを購入する方向で進めようと思います

 

 

 3月末時点の米国ETFポートフォリオです

www.kakeyforward.com

 

 

プライバシーポリシー | 免責事項 | お問い合わせ
Copyright© 家計forward, 2017 AllRights Reserved