米国株投資と家計管理と~家計フォワード

40代子供3人地方在住会社員の家計管理、投資など 家計簿公開中

MENU

【老後破産】年収800万円でゆとりある生活は可能か

今回決まりつつあるる所得増税により増税ターゲットとなった年収850万円超

給与取得者の10人に1人程度の年収800万円あればゆとりある生活ができるのでしょうか

 

ten-navi.com

 

年収800万円の生活をシミュレーション

そんな年収800万円の生活をシミュレーションしてみます

 

今回はビジュアルで簡単にシミュレーションできるソニー生命のシミュレーションを使ってみました

 

www.sonylife.co.jp

 

自分と配偶者の年齢設定してスタートです

 

f:id:kcm3s:20171229122128p:plain



配偶者前提です・・・

 

 

画面左側のライフプランアイコンを該当する年齢にドラッグし概算金額を選択するだけの簡単操作です

 

f:id:kcm3s:20171229122043p:plain



 

なぜか勝手に中堅メーカー勤務にされていますが、

40歳で年収800万円と自分は地方ではまあまあ勝ち組と信じる車好きパパとそんなパパの収入をあてに子育てに専念するママ。

ちょっと前までなら理想を絵に書いたような中間層のちょっと上世帯といったところでしょうか

 

  • 地方に住む車大好き40歳パパ
  • 38歳2つ下のしっかりママ
  • 仮面ライダーが好きな長男6歳と、まだまだかわいいさかりの3歳長女の4人家族
  • 5年前に念願のマイホームを3,000万円ローンで購入しました
  • 住宅ローンのの頭金500万円。残りの貯金は600万円

 

地方で車は必須です。車好きなパパは7年ごとに新車を購入。

  • 40歳で今の車を下取り100万円で念願の400万円もする国産ハイブリッドファミリカーを購入
  • ママは堅実に軽自動車を9年乗り継ぎます

 

旅行も大好き

  • 家族旅行も1回5万ほどかけて温泉旅行などに2回行きます
  • 子供料金のうちに海外旅行にも!5年に1回ぐらいは
  • でも子供思春期を迎える頃には家族旅行も少なくなりました・・・

f:id:kcm3s:20171229122233p:plain



 

  • 子供はふたりそろって高校まで公立
  • まじめだった長男は国立大学に入学
  • 長女も好きな学科がある私立文系へ入学

 

さて、そんな家族のシミュレーション結果は?

 

 

こちらは収支グラフです

細かい金額が表示されないので実感に乏しいのですが概要は掴めそうです

f:id:kcm3s:20171229122335p:plain



 

教育費がかさむ50歳半ばで収支が赤字

自動車購入や大学進学に伴う教育費がかさむ50歳半ばで収支が赤字に転落する年も

人生の3大費用のひとつ教育費は年収800万円世帯でも計画的に準備しないと苦しい結果になりそうです。中学、高校から私立となるととても足りそうにありません

 

貯金は?

こちらは金融資産残高グラフ

600万円あった貯金も車購入で200万まで目減りしてスタートです

 

f:id:kcm3s:20171229122404p:plain



 

やはり大学進学費用がネック

長男が大学進学する53歳まで貯金を増やしたものの、やはりそこからは教育費で赤字になり貯金を切り崩す事になります

それでも2人目、長女が大学卒業するまでのしのぎ60歳で退職金1,100万円で一気に挽回です

 

65歳までに貯金を使い果たす!

しかし年金受給が始まる65歳までにその退職金も一気に使い果たす事になり

破綻する結果に!

 

 

年収倍率3.75倍で無理ないと思った3,000万円ローンも、60歳時点でまだ残っていたんですね

  

www.kakeyforward.com

 

 

 

65歳までの再雇用制度を利用収入を確保すれば、65歳から極端な贅沢な生活でなければやっていけそうです

 

とはいえ年収800万円といえどもちょっと贅沢に自動車購入したり、一見無理なさそうな住宅ローンでの破綻する可能性があるという事です

 

住宅ローンを抑え破綻回避

シミュレーションのパラメーターとしては住宅ローンを2,000万円に抑えれば

破綻を回避できました

 

 

f:id:kcm3s:20171229122431p:plain

年収800万円でも老後破産

年収800万円といってもちょっとした贅沢ですぐ破綻する事がわかりました

 

むしろこの世帯のが危ないという記事がありました

 

ライフプランを立てる

ソニー生命のシミュレーションでは具体的な生活費を入力などせずに簡単にライフプランをシミュレーションできます

その反面、生活費などを実態に合わせた金額を入力できず。住宅費も500万円刻み、また借入金利なども入力できません。その為、よりリアルなライフプランシミュレーションを行いたい場合には不向きです でもまずは簡単に把握してみてたいという]方にはぴったりです まずは見える化して把握する事が重要です
プライバシーポリシー | 免責事項 | お問い合わせ
Copyright© 家計forward, 2017 AllRights Reserved