株式投資と家計管理と~家計フォワード

40代子供3人地方在住会社員の家計管理、投資など 家計簿公開中

MENU

【北米旅行記】Chanege the life Tour ~ バンクーバー編

 

バンクーバー

Chanege the life Tour

Key(ケイ):@kakeyforwardです。

2ヵ月近く経過してしまいましたが6月末に敢行した北米ツアー~バンクーバー編です。

準備編はこちら

www.kakeyforward.com

 

バンクーバーへ

当日の朝は落ち着かず何度もパスポートを確認。

とりあえずパスポートとスマホとクレジットカードさえあれば何とかなります

 

居住地から電車などいろいろ乗り継いで成田に到着し出発を待ちます

 

ツイッター上では行先は内緒のままいざ出発

 

 

バンクーバーへのフライトは成田発のエアカナダ。成田17時発、日付変更をまたぎおよそ9時間のフライトで当日9時半にバンクーバー国際空港へ。日付変更線またぎのフライトは初めて。日付が戻るので夕方発なのにその日の朝到着で得した気分です(笑)

 

エアカナダの機内食

エアカナダ機内食

 

およそ8時間半のフライトを経てバンクーバー国際空港に予定通り到着。久々の海外でウキウキワクワクを抑えれません。初めての海外の息子の方が至って冷静です(笑)

 

バンクーバー国際空港では入国審査は下のようなKiosk端末で行う事ができます。従来の審査官とのやりとりしか経験なかったので新鮮でした。早速挑戦しましたが実に簡単でスムーズでした

 

詳しくは以下のサイトで

https://lifevancouver.jp/2017/05/knowledge/117619.html

ライフバンクバーより 

 

 

 

バンクーバー初日

特に問題もなく入国審査を終えて空港を後にします。

 

バンクーバー国際空港

バンクーバー国際空港

 

出発まではそれほどでもなかった息子も徐々に海外に来た実感がわいてきたようです

 

 

宿泊先のホテルのあるバンクーバーのダウンタウンまではスカイトレインを利用します。

 

 

バンクーバースカイトレイン

 

ホテル最寄り駅のウォーターフロント駅まではおよそ25分。この市バスもスカイトレインも同じ会社が運営している為、電車バス1日乗り放題のデイパスなども用意されていますがひとまず駅までのチケットを購入する事に

 

途中で「どこどこまで行きたいんだ」みたいな事を現地の人?に英語で聞かれましたが現地の駅名などわかるわけもなくごめんなさいして電車に乗車。ダウンタウンに向かいます

 

ウォーターフロント駅に到着。レトロな雰囲気のある駅です

バンクーバー ウォーターフロント駅

 

本来パックツアーの宿泊先だったハイアットリージェンシーが満室の為、デルタマリオットホテルに変更になっています。

やや治安の悪いギャスタウンよりでしたがウォーターフロント駅から徒歩でも近くホテルもなかなか綺麗でよかったです。夜でもホテル周辺は特に危険を感じるような事はありませんでした。

部屋はスイート風にベッドとリビングが少し別れたタイプでゆったりとできる部屋。目の前には177mのハーバーセンタービルが見えます

 

バンクーバー ハーバーセンタービル

長時間の飛行機で疲れた為、少しホテルで休憩した後は早速ダウンタウンを観光。バンクーバーオリンピックの聖火台へ

 

 

バンクーバー聖火台と街並み。都会です

バンクーバー

 

夕方までバンクーバーの海沿いのカナダプレイス付近を散策した後はツイッターでお世話になっている@MAGAさん と感激の対面。日本では会うタイミングを逃したまま初めて会うのが海外という事態に。事前にバンクーバーに行くのでお会いしたいとお願いしたところ快諾していただきました

 

 

ダウンタウンとつながる巨大な公園スタンレーパークを車で周っていただいた後、行きつけのラーメン屋JINYAさんへ連れて行ってもらいました。ここでも辛味は外せません(#辛味投資家)

 

その後、焼き鳥屋に移動しいろいろお話しました。その人生観とスケールの大きさに圧倒されながらも色々悩んでいた自分にも少しは生き方のヒントになる話がいっぱいありました。

この日は移動も含め子供も疲れているので少し早めに解散しホテルへと戻りました。長いバンクーバー初日が終わりました

 

バンクーバー2日目

 

午前中はギャスタウン散策と地上167mからバンクーバーを一望できる展望台バンクーバー・ルックアウトと観光を満喫します

  

有名な蒸気時計

バンクーバー蒸気時計

 

バンクーバールックアウトから

バンクーバールックアウト

 

 

午後からは初めてバスにのりウェスト・バンクーバーへ向かい、再びMAGAさんと合流

お気に入りで毎日のように来るという小さな港町ホースシュー・ベイに案内してもらいました

 

バンクーバーホースシューベイ

静かで落ち着く港町。

こんなところでコーヒー飲みながらゆっくり出来るといいですね

野生のアザラシもいました。思わず「生アザラシ!」と叫んだところMAGAさんと息子の二人から突っ込まれました「生シラスみたい」(笑)

 

その後はお土産買い出し用に小さなショッピングモールなどに案内してもらい、カナダのお土産を物色。夕方からはウェストバンクーバーの超高級住宅街にあるお宅にお招きいただきMAGAさんの現地の友人日本人夫妻らと燻製パーティ

 

超高級住宅街・・・すごい

ウェストバンクーバー

 

 

 

現地の友人の方とのビジネスの話などは横から聞いている事しかできませんでしたが、バンクーバーの街並みを見ながらいただく燻製は最高でした!

 

夕日に染まるバンクーバーの街並み

 

 

遅くまで楽しんでバンクーバー2日目を終えました

 

バンクーバー3日目

バンクーバー3日目はこれまで市街地を外れカナダの大自然を満喫です。5月に現地をお訪れていた@アキウマレさんに事前にバンクーバー情報をいただいている中で、おすすめ頂いたウィスラーです。

2010年バンクーバーオリンピックのスキー競技の会場にもなった一大スキーリゾート地です。こちらは事前に現地ツアーを予約しましたがバンクーバー市街からのバスも1日5便あります

 

日本人運転手兼ガイドの方1名と同じツアー参加者の6名+Key親子の9名でワゴン車でウィスラーまでおよそ2時間の移動です。途中で見える景色は思い描いてたカナダそのものです

 

 

ウィスラー山とブロッサム山との2つの山からなるリゾート地。それぞれの山頂をつなぐゴンドラPEAK2PEAKは 地上436mと世界最高所のゴンドラがあります。ツアーでは往復の送迎とそれぞれの山頂へのゴンドラと山頂間のゴンドラのチケットがセットになったものです。

早速ブロッサム山の山頂へ。バンクーバー市街地には興味のなかった息子も雪山には多少興奮気味

  

 

ブロッサム山からウィスラー山へ。PEAK2PEAKゴンドラ。無茶苦茶高い・・・ 

ウィスラーPEAK2PEAK

 

ウィスラー山へ移動してランチです。アキウマレさんのツイートを見た記憶か。まったっく同じものを注文していたw 

 

ウィスラーからは水上飛行機でバンクーバーへ戻ります。通常のツアーでは帰りもワゴン車ですがオプションで高くはなるものの水上飛行機での復路を選べます。

ウィスラーでの滞在時間も長くゆっくりできますし息子に水上飛行機を経験させてあげたかったのです贅沢しました。

自分自身はモルディブ以来2度目。水上飛行機ってワクワクして楽しいです。着水がちょっと怖いですが

 

 

水上飛行機からの眺めは最高

ウィスラー水上飛行機

ウィスラー水上飛行機

ウィスラー水上飛行機

 

ダウンタウンのすぐ近くに水上飛行機の発着場がありすぐホテルへ

 

 

ほぼ1日中、山を歩き回って疲れました。

これでバンクーバーの3日間の日程は終了です。短い日程でしたがとてもきれいな街で大自然も近く楽しめました。世界の住みたい都市ランキング上位も納得です。

翌明日朝の出発は9時発、移動に備え荷物をまとめ早めに休みます。

 

 

MAGAさんには勝手に押し掛けたにも関わらず快くお相手してくださり本当にお世話になりました。ここで改めてお礼を言いたいと思います

 

 ニューヨーク編へ続きます

 

  

 

応援ぽちっといただけるとうれしいです

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ

にほんブログ村

 

 

 

プライバシーポリシー | 免責事項 | お問い合わせ
Copyright© 家計forward, 2017 AllRights Reserved