株式投資と家計管理と~家計フォワード

40代子供3人地方在住会社員の家計管理、投資など 家計簿公開中

MENU

【米国株相場】S&P500の株式益回りの推移

f:id:kcm3s:20180622000319p:plain

株式益回りとは

 

株式益回り(earnings yield)とは、PERの逆数で、株価に対する1株当たり純利益の割合を示したものです
PER:株価収益率、PBR:株価純資産倍率等と並んで株価の割高、割安を示す一つの指標です

 

 

 

 

例えばEPS5円の株価が100円だとすると株式益回り(%)は5/100×100となり5%となります

PERは100/5の25%です

 

実際には、これに利益成長率を加味する必要があるなど、単純なこの数字だけで判断できるものではありません

 

また株式以外の無リスク資産との収益率との差をリスクプレミアムと言い、債券など指定したアセットとの差がイールドスプレッドです

 

今回は過去のS&P500の株式益回り(earnings yieldの推移を確認してみることにします

 

 

 

S&P500株式益回りの推移グラフ

 

 

f:id:kcm3s:20190117143908p:plain

 

2018年1月現在

http://www.multpl.com/より引用しレンジを加筆。色付けしたレンジは4%~10%です

 

 

過去の平均益回りは7.36%

 

上記グラフの期間におけるS&P500の株式益回りは 7.36%です

米国株に投資する事による期待リターンが7%などと言われるの根拠はこの過去の株式益回りの平均値にもよります

 

しかし2000年代に限ると平均は4.53%です

 

グラフから分かるように2000年代の二大暴落であるドットコムバブルリーマンショックの影響が大きいです

レンジ下限の4%を下回っているのは、戦前の大恐慌でも無く、この2回だけです

 

この時は割安と判断できるわけですが、それでも実際買い向かうのはメンタルが試されます

 

 

 

 

 

 

 

S&P500株式益回りまとめ

 

 

成長率の折り込み、長期金利との差などとの比較も必要な為、単純にこの株式益回りだけでは株価の割安度は計れませんが、覚えておきたい指標のひとつです

  

過去の米国株価指数であるS&P500が長期にわたって5%程度の益回りで推移しており、この指数に投資する事で同じぐらいのリターンを期待できそうです

 

私自身はS&P500に関連する投資信託やETFには投資しておらず、米国市場まるごとに投資するVTI:バンガード・トータル・ストックETFを購入しています

 

 

個人的にはAMZNなど大型グロース株、セクターETFや高配当株も購入していますが、資産形成のコアとしては全世界、全米などのインデックス投資をメインとしていく予定です

割合は試行錯誤していきますが、長期的にはグローバルインデックスを中心に期待リターン3%を目標値として資産設計を計画し、それ以上のプラスはおまけ程度に考えています

 

 

 

 

応援ぽちっといただけるとうれしいです

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村

 

指標関連の記事です

 

www.kakeyforward.com

www.kakeyforward.com

www.kakeyforward.com

 

プライバシーポリシー | 免責事項 | お問い合わせ
Copyright© 家計forward, 2017 AllRights Reserved