株式投資と家計管理と~家計フォワード

40代子供3人地方在住会社員の家計管理、投資など 家計簿公開中

MENU

【相場雑感】堅調な米国市場

 

f:id:kcm3s:20180622000319p:plain

 

堅調な米国市場

ブログ更新を完全にさぼっているKey(ケイ)@家計フォワード (@kakeyforward)です

 

4か月前の12月末に書いた記事です 

www.kakeyforward.com

 

しかしこの日前後を底に4か月米国市場は10月高値まで回復してきました

完全に逆指標的に記事を書いている気がします(汗

 

 

 

個人的な投資動向

一方で市場平均が20%下落したら買い出動するという方針に基づいて、その頃に購入したAAPL:アップルや損出しして買い直したNVDA:NVIDIAなどの個別株。おほびスポットで追加購入したVT、VTI、HDVなどのETFの含み益は順調に増えています

 

 

 

ただし、リセッションへの備えとして長期債券ETFの購入も同時期に実行しています

 

 

またオールウェザー戦略に基づき上記の長期債券に加え一部コモディティやゴールドも少量購入を検討しています

www.kakeyforward.com

 

日本株も同時期にお高配当銘柄を中心に購入しました

 

www.kakeyforward.com

 

 

今後の見通し

半年ぶりに再び過去最高値を更新しつつある米国市場ですが、直近の企業決算はマチマチです。

市場を牽引するAAPL、MSFT:マイクロソフト、AMZN:AMAZONなどの決算を見極める必要があります

 

FRBも当初予定していた利上げおよび金融引き締めを放棄しており、当面の急落は無いのかもしれませんが、一方でCAPEなどはやはり割高な水準なので警戒はしておきたいです

 

どちらにしろ景気後退や株価下落のタイミングなど予測しようはないので極端に割高でない限りはインデックスETFを定期買い付けしつつ、20%以上の急落時にはスポットで買い増しです

その時の候補銘柄を選定しつつ、キャッシュを蓄えておきたいと思います

 

 

 

堅調な米国市場まとめ

 

 

毎回下落すると今度こそリセッションかと警戒されながらも回復する米国市場

米国株の底力を感じた4か月でした

 

高くても安くてもSBI証券の定期買付でインデックスETFの買い付けは行っており12月の20%以上下げた水準ではスポット買い増しも行い今のところ功を奏していますが、次はどうでしょう?

また2、30%の下落局面は来るのは間違いないですが、同じような回復が期待できるのであれば買い増しは正解ですが、そのままさらに下落する局面も想定しておく必要はあります

 

やはり景気循環はあり常に株式優位が続くわけではないので中長期的にリスク資産の変動を抑えて長期に資産形成すべく分散投資を行いつつ、超過リターンを得るべく適切と思われる個別株も選定していきたいです

 

 

 

 

応援ぽちっといただけるとうれしいです

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ

にほんブログ村

 

SBI証券定期買付

www.kakeyforward.com

 

 投資戦略に関する記事です

www.kakeyforward.com

www.kakeyforward.com

 

 

株価関連指標記事です

 

www.kakeyforward.com

 

www.kakeyforward.com

www.kakeyforward.com

 

 

プライバシーポリシー | 免責事項 | お問い合わせ
Copyright© 家計forward, 2017 AllRights Reserved